明誠学院高等学校

MENU

進路情報

明誠学院のあゆみ

1924年(大正13年) 岡山連合婦人会が発起、高等女学校建設連盟を組織。八代祐太郎・八代麻三郎氏からの寄付が財的基礎となり、地元の人々の尽力により本校の設置が決まった。
1925年(大正14年) 岡山県真備高等女学校(5年制・定員500名)が設立され、西森元が校長に就任。4月26日開校式挙行、以後この日を開校記念日と定める。
1948年(昭和23年) 学制改革により校名を岡山県真備高等学校と改称、女子校として再スタート。
1995年(平成7年) 創立70周年記念式を挙行。
1997年(平成9年) 校名を明誠学院高等学校と改称、男女共学制に変更するとともに多彩なコースを開設。制服デザインも一新。
2001年(平成13年) 特別芸術コース(吹奏楽系/美術・デザイン系/書道系)を開設。
2002年(平成14年) 特別芸術コースが新設2年目で全日本吹奏楽コンクール全国大会金賞、全日本マーチングフェスティバル全国大会金賞、さらに岡山芸術文化賞グランプリを高校として初めて受賞。
2004年(平成16年) 情報コースの系を一新し、新情報コースと改め内容のバージョンアップを図る。
2005年(平成17年) 特別進学コースに「III類」と「II類」を設置。社会福祉コース新設。”けやきの森”総合グラウンド完成。
2006年(平成18年) 創立80周年・明誠学院10周年記念式典を挙行。
2007年(平成19年) 特別進学コースに「I類」を併設。研修施設「”けやきの森”誠心館」竣工式・落成式を挙行。東館リニューアル。
2008年(平成20年) 体育館リニューアル。
2010年(平成22年) 社会福祉コースを保育・福祉コースと改め、系を一新。
2011年(平成23年) 正門及びグラウンド外周付近改修。校門周辺の改修、第2グラウンドを新設。
2013年(平成25年) 新情報コースに「公務員系」を新設。
2016年(平成28年) 創立90周年・明誠学院創立20周年記念式典を挙行。
2021年(令和3年) 特別進学コースII類に「岡山大学進学系」「難関国公立大学進学系」、新情報コースに「ICTエキスパート系」を新設。

明誠学院について

PAGE TOP