明誠学院高等学校

MENU

進路情報

News&Topics

2021.04.27お知らせ

第25回開校記念式を行いました。

4月26日(月)6校時、第25回開校記念式を挙行しました。
今年は、新型コロナウィルス感染防止対策として放送にて行われました。
初めに、校長先生が式辞を述べられ、その中で本校創立の経緯とその後の歩みについて触れられました。本校の前身である「岡山県真備高等女学校」が96年前(大正14年)に誕生したこと、本校が当時の方々の寄附金をはじめとした、ご尽力によって開校されたこと、その後の校名変更や男女共学化、コース再編など明誠学院高等学校の歴史、校是「まこと」の本質が語られました。生徒たちは、各ホームルームで熱心に聞き入っていました。
続いて、国語科の浮田亮子先生と芸術科(書道)の筈井淳先生の永年勤続表彰が行われました。浮田、筈井両先生は、生徒たちに感謝の気持ちを述べられた後、今後の抱負を熱く語られました。
最後に、昨年度の特別進学コースⅢ類の卒業生である後藤駿嗣さん(倉敷市立庄中出身)からのメッセージ「開校記念日によせて~成功って何~」が紹介されました。
今年度から東京大学文科三類に進学された後藤さんの体験談に、生徒たちは興味津々の様子でした。

(生徒のコメント)
進学総合コース 重岡大哉さん(1年・岡山市立桑田中出身)
「校長先生のお話を聴いて、今、私たちが通っている学校があるのは、96年も前に様々な方から、支えていただいた結果だと知り、深い感謝の気持ちをもちました。普段、何気なく過ごしていた校舎や、なんとなく見ていた学校への登下校の道が、今までとは少しちがって見えるような気がします。この感謝の気持ちを胸にもち、校是「まこと」の理念を実現するような人間として成長できるよう、学校生活をがんばりたいと思います。」

News&Topicsの一覧へ

アーカイブ

PAGE TOP