明誠学院高等学校

MENU

進路情報

News&Topics

2021.05.31お知らせ

令和3年度新任・若年教員対象教員研修を行いました。

5月29日(土)、令和3年度新任・若年教員対象教員研修を行いました。

演題「先生と呼ばれるに足る人に」

講師 明誠学院高等学校長  小池 仁 先生

社会人としての基本や教師としての資質についてご講演いただきました。日々変化する教育の中でも、不変的な「教え育てる」ということの原理を聞き、参加者は皆、教師としての在り方に思いをはせていました。

(教員のコメント)

国語科 沖田先生
「今回、約20年ぶりに小池先生からご教授いただきました。新任当時、教員としてのいろはを教えていただいた当時のことが、昨日のことのようによみがえりました。今の私があるのは、当時の小池先生の熱いご指導のおかげであったことを改めて実感いたしました。「自戒、自省、自律、研鑽、修養」を胸に、生徒・保護者・地域社会のために一層尽力したいと思います。」

国語科 大道先生
「教員の僅かな確認不足が、生徒たちの人生を大きく左右するということを改めて感じ、背筋が伸びました。校長先生が仰っていたように、教員には教科指導や校務分掌を始め、様々な場面で能力が求められます。その分、活躍できるチャンスも沢山用意されていると思います。自分の守備範囲を広く持ち、生徒にも学校にも信頼される教員を目指します。」

数学科 河瀬先生
「教師は五者たるべしとして紹介された「学者」の意味は、学習する人、勉強する人、研究する人、とありました。学び続けることの尊さや、喜び、楽しみを伝えることができる教師として、これからも生徒とともに学び続けたい思います。」

News&Topicsの一覧へ

アーカイブ

PAGE TOP